中国体験記(木樨園長距離バスターミナルまでの道のり)

●北京からウランバートルまでの行程

北京空港→エアポートバスで北京南駅→地下鉄4号線で角門西駅→地下鉄10号線に乗り換え大紅門駅→バイクタクシーで木樨園長距離バスターミナル

さらに、木樨園長距離バスターミナルから二連(エレンホト)→乗り合いジープで国境越え→モンゴル入国、国境の街ザーミンウードから電車→ウランバートル

このルートでかかった金額は正確には覚えてませんが、北京からウランバートルまで空路なら数万円するところを、おおよそ4600円ほどで行くことができました。

手間と時間はかかりますが、きっとその分おもしろい経験ができると思います。旅をしたい方にはやっぱり陸路がオススメです。

北京空港

空港を出て、まずエアポートバス乗り場へ。外に出るとチケット売り場があるので、そこでチケットを購入して10番乗り場から出発です。目的地は北京南駅(北京南站)で、荷物は自分で積み降ろしします。

中国は漢字なので読める看板も多いけど、発音はチンプンカンプンなのと、英語は全く通じないのでコミュニケーションは大変です。

北京南駅

ここかな?と思う停留所でとなりの女の子に、「Beijing south Station?」と聞いたら通じず、あらかじめ用意しておいた「北京南」と書いたメモを見せたら、戸惑いながら「い…Yes!」と言ったので降りることにしました。

北京南駅

これから地下鉄に乗ります。次の目的地は「大紅門駅」。切符売り場で行き方を聞いたら、路線図に印を付けてくれたんだけど…

北京の地下鉄

こんなんじゃわからないよね(⌒_⌒;)改札付近にいた旅行ガイドさんっぽいお兄さんに聞いたら、とても親切に教えてくれました。

中国の地下鉄はセキュリティチェックがあり、いちいち荷物を下ろさなければ行けないので旅人はめちゃ面倒です。でも東京の地下鉄のようにややこしくないから方向音痴の私でも大丈夫。4号線から10号線の乗り換えも全く難しくありません。

大紅門駅

大紅門駅は木樨園長距離バスターミナルの最寄り駅です。歩くこともできるけど、重たい荷物を背負ってるのでバイクタクシーに乗りました。料金もそれほどでもないし、知らない街で迷う可能性を考えたら、ここでちょっと楽するのもアリでしょう。

そして…着いた!バスターミナル!

ここにもセキュリティチェックがあり、中に入るとバスが停まっている広場に出ました。でもチケット売り場が見当たらない。チケット買ってバスをチェックしたら第一段階クリアなのに、それらしきものがありません。

まわりの人にあらゆる単語とジェスチャーで色々訪ねてみたけど、ここは驚くほど英語の通じない国。みなさん見事に???の表情でした。

困った…(*;∇;)チケット…くだチャイナ…

と、その時、バスの中から片言の英語を話せるお兄さんが話しかけてきた。

「チケットはドライバーに直接払えばいいよ。モンゴル行くの?それならこのバスに乗れば、ザーミンウードまで行くから」

マジで!Σ( ・Д・ )二連までしかバスがないと思ってたのに、ザーミンウードまで行ってくれるの⁉︎

ラッキ〜♪二連で遊んでこうかとも思ったけど、中国は何かと不便だから長居しなくていいや。このままモンゴルへGo〜(^ ^)v

このお兄さんはモンゴル人で、バスの案内をやってるみたい。嬉しかったからバックパックの中にあった写真まで引っ張り出して、「私モンゴル3回目なの!これはこの前行ったときの写真、見て〜!」と話しかけまくり(笑)

北京

他にも困ったエピソードはたくさんあるけど、まぁそこは省きます。

とりあえずバス見つけたし、北京!いざ、脱・出っっっ!!