青い池ライトアップ!美瑛駅からバスの時間と行き方、冬の北海道神秘のパワースポット!

北海道上川郡美瑛町にある白金青い池。鮮やかなミルキーブルーの池が人気の観光スポットとなっており、冬季は雪のかぶった水面を照らす、夜のライトアップが行われています。

行ってみた感想は、とても静かでちょっと不思議な感じの場所でした。

交通の便が悪いので電車とバスを乗り継ぎやっと辿り着いたイメージですが、それだけに自然に囲まれた美しい場所であることは間違いありません。

ここでは青い池までの行き方と、冬季限定で行われているライトアップの様子をご案内します。


スポンサーリンク

美瑛の青い池とライトアップについて

北海道美瑛町にある白金青い池は、その名の通り鮮やかな青色をした池のことです。正式には池ではなく水たまりとして扱われているため、地図上の記載はありません。

工事跡に水が溜まってできたために人工池とも言われていますが、意図的に池を作ったのではなく自然に生まれたものだそうです。

水に含まれる成分により生物が生息することはできず、水に浸かった木々は成長することはなく、次第に朽ちていっています。

この美しい池と朽木とのコントラストは、生と死がひとつのものとして表現された、自然界のアートといえるかもしれません。

辺りは雪深い地域となるため、青い池はこれまで冬季は立ち入り禁止区域となってきましたが、数年前から夜間のライトアップが行われるようになりました。

この凍った湖面と雪と光のコラボレーションを見るために、毎年多くのツーリストやフォトグラファーが訪れています。


青い池への行き方

北海道・美瑛への行き方

白金青い池は森の中にあるため、交通の便は決して良くありません。交通手段は空港から電車やバスを乗り継いだあと、美瑛駅からタクシーかバスで行くのが一般的です。

そのほか時間を気にせず行動したければ、レンタカーを借りるのもいいでしょう。

千歳空港から旭川駅まで

まず各地から飛行機で新千歳空港へ降り立ち、空港からは電車かバスをいくつか乗り継ぎ美瑛まで向かいます。

新千歳空港からの行き方は何通りかあるので、ご自分のプランに合わせた方法で、まずは札幌を経由し旭川駅を目指してはいかがでしょうか。

価格重視であればバスを利用し、時間重視ならば電車を選ぶと良さそうです。

1. 新千歳空港から札幌駅まで

[バス]1030円・80分
[電車]1070円・36分

2. 札幌駅から旭川駅まで

[バス]2060円・2時間5分
[電車]4290円・1時間25分

旭川駅から美瑛駅まで

旭川駅に着いたら今度は電車で美瑛駅を目指します。先へ進むごとに田舎の風景へと移り変わり、雰囲気のある列車の旅を楽しむことができるでしょう。

JR富良野線、540円・32〜39分

旭川空港から美瑛駅まで

飛行機で旭川空港へ到着する場合は、空港から美瑛駅までバスで行くことができます。美瑛周辺に宿泊する予定であれば、このルートはとても便利でしょう。

ただし宿泊予定が特になく、青い池へ直行するつもりならば、荷物を持ったまま行動することになりますので、プランを立てる際には気を付けましょう。

ふらのバス/ラベンダー号、370円・16分

美瑛駅から青い池までの行き方

美瑛駅からタクシーで行く場合

美瑛駅までたどり着いた後は、青い池までバスかタクシーでの移動になります。

タクシー料金や所要時間については、営業所に直接お問い合わせください。帰りだけ迎えにきて欲しい場合でも応じてもらえます。

美瑛ハイヤーHP

美瑛駅からバスで青い池へ

美瑛駅からバスで青い池に行くには、道北バス「旭川信用金庫前」から白金温泉行きに乗り、「白金青い池入り口」で下車します。所要時間は約30分。

バス停は通りに出てすぐの場所なので、かんたんに見つけることができます。

駅前ロータリーから「UNO」と書かれたお店の看板が見えるので、そこを左に曲がった辺りの通りの向かい側がバス停です。

白金青い池入り口までのバスは1日5本出ていますが、ライトアップは17時から始まるので、15:46のバスに乗ることをおすすめします。

少し早めに着きますが、次のバスではかなり慌ただしくなってしまうため、この時間が一番適していると思います。料金は片道540円です。※2018年現在

ちなみに青い池周辺は森以外に何もなく、じっくり雪景色の撮影がしたいという以外は、早く着いても何もやることがありません。

夏の時期でしたら問題ありませんが、雪深い冬の森で何時間もじっとしているのは大変なので、安全のためにも早く着きすぎない方がいいと思います。

そして注意が必要なのは帰りのバスの時間です。帰りは18:19が最終となるので、この時間に遅れないように気を付けましょう。

ライトアップ鑑賞のみなら時間内にじゅうぶん楽しめますが、写真撮影に夢中になっていると時間が足りなくなる可能性も出てきます。

万が一乗り遅れてしまった場合や、時間を延長したくなった時のために、タクシー会社の連絡先は控えておき、念のために当日の配車状況なども確認しておくとスムーズです。


冬の青い池は静かなパワースポット

バス停を降りると「青い池入り口」と書かれた看板が見えてきます。この奥に駐車場があり、数分歩いた先が池となります。

開放されているエリアはそれほど広くありません。混雑していても立ち入り禁止区域には絶対に入らないよう注意してください。

この時期の池は凍結しているため、残念ながらブルーの水面を見ることができませんが、雪に埋もれたモノトーンの景色の中にも深みを感じられると思います。

そして雪景色はどのような天気であっても楽しめるのが特徴なため、よほどの吹雪でない限りは天候を気にする必要はなさそうです。

巨大なエネルギーが眠る青い池

冬の青い池は深い雪と静寂に包まれています。静まりかえる空気の中に、巨大なエネルギーが眠っているような力強さが感じられます。

それはまるで、森も自分自身も個を失いエネルギーそのものになってしまいそうな感覚です。


青い池ライトアップの様子

細部にまでこだわった光のショー

夕方17時、いよいよライトアップがスタートします。青い池ライトアップは冬の天気で一番多い、くもり空に合わせて作られているそうです。

そのほか晴れた日に見える美しい星空を、ライトの明るさでかき消してしまわないよう、適した光に調節されているのだとか。

雪の日には幻想的な情景が映し出されるため、雪が降るのを待って何度も通う人もいるようです。

このように細部にまでこだわり作り出された光のショーは、儚さと静けさを感じさせる、冬の北海道ならではの繊細さをかもし出しています。

個人的な好みとしては、やはり雪の降る日が最高ではないかと思います。

ただどんな天候であれ夜の森はかなり冷え込むので、防寒対策だけはしっかりとして冬のライトアップを楽しんでください。


青い池ライトアップ撮影の持ち物

青い池には多くのフォトグラファーが訪れますが、このような状況下で撮影する場合、あったら便利な物をいくつかあげてみました。

必ずしも必要でないものもありますが、ポイントは夜だということと、気温が低いことを考え、それに適した持ち物を準備するといいでしょう。

  1. 三脚 (必須です!私は持ってなかったので大変でした)
  2. フェイスタオル (雪からカメラを守るためにかぶせる)
  3. カメラ用防水カバー(吹雪のとき)
  4. 小型ライト (撮影準備のときに必要です)
  5. ホッカイロ (バッテリー消耗が激しくなる可能性があるため)
  6. カメラバッグ (結露防止のため)

寒い場所から急に暖かい場所に移動すると、カメラが結露して故障の原因になります。

撮影が終わったらカメラをジップロックなどのビニールに入れ、タオルで包んでからカメラバッグの中にしまい、室内に入った後は常温に戻るまで出さないことがベストです。

私は使ったことがありませんが、乾燥剤を利用するのもいいそうです。カメラバッグがなければ保冷バックで代用し、できるだけ急激な温度差を与えないようにしてください。


おまけ・美瑛で出会った人たち

終バスに乗って美瑛駅へ戻った後は、旭川行きの電車をかなり待つことになりました。

無人となった駅でどうしていいかわからなくうろついていた時、親切に乗り方を教えてくれたのは、駅前で待機していたタクシーの運転手さんでした。

「親切にしてくれてありがとう、良かったらこれ飲んで」と自販機で買ったコーヒーを渡し、こんなやりとりがとても嬉しかったのを憶えています。

そのほか偶然にも自宅が近所の方や、三脚を貸してくれたフォトグラファーのおじさんがいらしたり、美瑛で出会った人たちはみんな心に残る温かさがありました。

滞在時間はほんのわずかでしたが、とてもいい旅の時間でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。