シェアする

白は清らかさの象徴!モンゴルに伝わる色の意味と例えコトバ

色にはさまざまな解釈がありますが、面白いことにそれらが表す意味は国によって異なります。

例えば日本で黄色は希望や活発さを表しますが、欧米では裏切りや臆病といったネガティヴな意味で使われることがあるようです。

また性的なことを表すときは日本ではピンクが使われますが、欧米ではそれはブルーに例えられ、各国の文化・宗教・歴史などによっても意味合いは変わってくるようです。

モンゴルで色はどのように捉えられているのか。そしてその色に関わる言葉の表現についてまとめてみました。


スポンサーリンク

モンゴルで使われる色の表現

汚れなき純粋な色「白」について

まず最初はモンゴルでとても良い色として扱われている、「白」について取り上げてみましょう。

白は汚れのない純粋な色。それだけでなく真実・創造・崇高といった、神聖な意味も込められています。

例えば寺院を訪れたときには、お供え物として祭壇にミルクが置かれてるのを目にすることがあります。

これは「神や仏に清らかな白い飲み物を捧げる」という意味があり、そのほかお祝い事や祈りの儀式など、正式な場面でもミルクは頻繁に使われています。

白に例えたモンゴルの言葉


※旧正月、ツァガーンサルの様子

清らかで純粋な「白」に例えたモンゴル独自の言葉も多く、最も有名なのは旧正月です。

モンゴルの冬は長く厳しく、春の訪れである旧正月は一年で最も重要なイベントであり、もしも祝わなければその年の繁栄はないとさえいわれています。

その大切な春は「新しく清らかな季節の始まり」という意味を込めて、「白い月(ツァガーンサル)」と呼ばれています。

また心のきれいな人のことを「白い心」。性格の明るい人のことを「白い人」。ボランティアのような良い行いのことを「白い事」といいます。

どれも清らかさを象徴した言葉であり、聖なる色ということがわかりますね。

そのほかちょっと面白い例えでは、力仕事などツラい労働経験がない人の手を「白い手」といいますが、これは無知であることを表した言葉です。

それからモンゴルは未舗装のデコボコの道が多いですが、滑らかできれいな道のことを「白い道」と呼んでいます。

そして人に好かれたり認められたりすることで、逆に嫉妬や妬みなどを持たれてしまうことを「白い呪い」というそうです。

悪と強さの象徴「黒」について

純粋さを表す「白」の反対色、「黒」は邪悪さを表しています。例えば「黒い心」とは意地悪だったり人をだましたりなど、悪い心を持つ人のことです。

そして「黒い足跡」は常に悪い行いをしてきた人が残した道、つまり悪の軌跡という意味です。

ただ黒は必ずしもネガティヴな意味ばかりではなく、ときには「強さ」や「勇ましさ」の意味を持ち、強くて立派な男性を表します。

例えばよその亭主を「あなたの黒い人」というのは、日本語でいえば「お宅のご主人」といったような、敬意のこもった言い方になります。

ほかには「黒い教育の人」という言葉もあり、これは学校教育では教えてもらえない、ビジネスや人間関係のやり取りが、自然と身についている人のことをいうそうです。

腐った色「緑」について

緑といえば日本では癒しやフレッシュなイメージを持ちますが、モンゴルでは食べものが腐った色に例えられることが多いです。

そのため頭が悪い人のことは「緑の頭」といい、これは脳みそが腐ってるという意味になるそうです。

また、いつまでも寝つづけている様子のことを「緑になるまで寝る」といい、こちらもベッドと一体化しているようなダラけた様子を表します。

そして「緑の奴」というのは、怠け者のことを指してこう呼びます。とにかく「緑」は腐敗した色。だらだらと過ごしているイメージになるようですね。


チベット仏教が表す色の意味

モンゴルはチベット仏教の国であり、お寺や石碑には青や白や黄色の布が巻かれているのをよく見かけます。

これは「ハタク」と呼ばれる聖なる布であり、正月や結婚式など正式な場に使われるほか、若者が車内に飾る様子なども見かけます。

そして家畜の角にハタクが巻いてあれば、群れの中で神として扱われる特別な存在ということです。

チベット仏教国すべてが共通かはわかりませんが、モンゴルでハタクの色は以下のような意味で表されています。

青=青空
白=純粋
赤=火
緑=自然
黄=仏教

一般的なのは青いハタクであり「大空」の意味があるようです。ちなみにハタクはギフトショップで売られているので、お守りや記念に持ち帰ってみてはいかがでしょうか。


モンゴルが持つ色のイメージまとめ

色彩は心身に直接的に働きかけることはよく知られていますが、それだけでなく文化や歴史や宗教によってもイメージは異なり、その影響力は変わってくるようです。

こうなると色彩はひとつの理屈では言い切ることのできない、奥が深いものだと推測できますね。

そしてモンゴルでは色に例えた言葉が多く、それもまた非常に興味深い部分だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする