女一人旅にニュージーランド!費用・予算の目安とおすすめの理由

女性の一人旅や初めての海外旅行をするときには、様々な不安があると思います。

近ごろではメディアの影響により渡航を悩むケースもあるようで、そんな中でどこがいいかと聞かれることも少なくありません。

私はそれほど多くの国を知っているわけではありませんが、旅慣れない方に提案するのであれば、ニュージーランドがかなり上位に入ります。

それは大自然が広がる穏やか場所で、初心者に限らず一度は行った方がいいと感じる、素晴らしい国のひとつです。

そこで、ひとり旅にニュージーランドをおすすめする理由と、数々の魅力についてまとめました。


スポンサーリンク

ニュージーランドはこんなところ

ニュージーランドの玄関口であるオークランドは、成田空港から約10時間半のフライトでたどり着きます。

フライト時間は長めですが、地図上では地球を縦に移動する形となるので、時差はたったの3時間(サマータイム時は4時間)しかありません。

南半球に位置するため季節は逆で、クリスマスに行われるフェスティバルでは、半袖姿のサンタクロースもいるようです。

国土は日本に似た形をしていて、北島と南島のふたつに分かれています。そして南へ行くほど南極に近付き、気候は寒くなっていきます。

ニュージーランドの大自然はとても素晴らしく、緑豊かな草原や神秘的の湖、そして迫力の氷河などが各地で見られます。


ニュージーランド旅行の予算の目安

パッケージツアーを利用する場合

予算は行き先や行動によって大きく変化するので、「だいたいこのくらい」と言い切れないのが正直なところです。

ただ、例えば旅行会社のパッケージツアーでは、6日間ほどのプランを18~26万円くらいで売り出すケースが多いのではないでしょうか。

そして一人旅の場合には、ホテル代がさらに加算されることが予想されます。

それはツインやダブルの部屋を一人で使うからであり、追加料金なしとうたわれているプランであれば、始めから乗せてある可能性が高いです。

費用に含まれるのは、航空券・宿泊代・プラン内の移動費などで、それ以外に食費や施設を観光する際の入場料など、現地でのお小遣いが必要です。

物価は基本的に高めなので、日本で同じように過ごすよりも、若干多くかかることを目安にすればいいと思います。

ざっくりとした計算ですが、例えばそれらが一日一万円であるとしたら、約6日間の旅費はパッケージ料金プラス日数分のお小遣いで24~32万円くらい。

そこに一人料金が追加されて、28~36万くらいといったところでしょうか。もちろん遊び方や買い物によって、さらに高額になることは大いにあり得ます。

ただ、パッケージツアーはフライト時間も含めての日数となるため、例えば「6日間の旅」とされていたら滞在日数はもっと短いです。

なので移動の日の過ごし方によっても、かかる費用は変わるでしょう。

パッケージツアーのメリットとデメリット

メリット

航空券・ホテル・移動手段の手配をしてもらえる

旅のプランを考える手間が省ける

プランによっては空港からホテルまでの送迎がある

日本語を話せる人が案内してくれる場合がある

デメリット

好きなプランで動けない

節約できる範囲が狭い

個人旅行をする場合

個人旅行をするのであれば、往復航空券は安いものだと6万円台から。高いものだと十数万円するものもあり、平均は9万円くらいだと思います。

安い航空券はどこかの国を経由するケースが多いため、時間がある人にはお得ですが、一週間以内の短期旅行には向いていません。

滞在費はホテルであれば一泊7千円~1万2千円くらい、ゲストハウスであれば2千円~6千円くらいであるようです。(時期やエリアよって異なります)

Airbnbを使って一般家庭にお世話になれば、費用も安くて現地の人との交流の機会も作れます。

だけどあくまでも一般家庭なので、すべて自由ではありません。深夜のシャワーや帰宅、また喫煙ができるかなどは、その家のルールに従いましょう。

それから食事は自炊にすると、旅費がかなり抑えられると思います。

こちらも大ざっぱな計算しかできませんが、例えば6日間で旅をした場合、7万円くらいの航空券を取得できれば、総額10万円くらいの旅行が可能です。

これはニュージーランドに入国してから出国するまでの期間という意味で、フライト時間は計算に入れていません。

もしも短期旅行で安い航空券を取得するのであれば、乗り継ぎ時間を短くしないとかなりツラいので気を付けましょう。

あとは宿と食事をグレードアップすれば費用は限りなく高くなり、抑えようと思えばそちらも何かと策があるのが個人旅行の特徴です。

個人旅行のメリットとデメリット

メリット

好きなようにプランが立てれる

予算に合わせて節約もできるし贅沢もできる

現地の人と触れ合う機会が増える

デメリット

航空券・ホテル・移動手段の手配が面倒

英語が話せないと困る場面が多い


一人旅にニュージーランドがおすすめな理由

ニュージーランドは治安がいい

女性の一人旅でもっとも気になるのは、治安の面ではないでしょうか。

一般的に「女性は強い」といわれるのは精神面のことであり、力ではどうしても弱い立場であるため、何かと狙われやすいのが現状です。

そのため行き先に治安がいい場所を選ぶというのは、とても大切だと思います。

その点ニュージーランドはとても穏やかな国なので、海外にいる緊張感を持ち続けてさえいれば、特別警戒する必要はないでしょう。

あとは「運が悪ければ被害に遭うかもしれないし、遭わないかもしれない」としか言えず、それは日本にいても同じですね。

ただ私が10ヶ国以上旅してきた中では、ニュージーランドは安心度が高い国であると感じています。

人より羊の数の方が多い

以前ニュージーランドを数ヶ月旅した知人が、「人間より羊の方が多い」と話していました。

さすがに街に羊はいませんが、確かに郊外に出ると、人の数より羊の群れの方が多くみられます。

それだけ自然が広がっているということなので、場合によっては治安よりも、別の意味での危険に遭遇するかもしれません。

それも無理な行動をしなければ問題ありませんが、人気のない場所を歩くときなどは、天候や日没の時間、足元の安全に注意しましょう。

ニュージーランドの街の様子

ニュージーランドの公用語は英語

ニュージーランドの公用語は英語です。そのためどこへ行っても言葉が通じる率は高いです。

発音は独特なようですが、それはどの国を旅しても同じでしょう。

日本人が標準と捉えがちなアメリカ英語とは異なりますが、少々聞き取りにくい面があったとしても、意味は伝わるので大丈夫です。

それから英語そのものができない方でも、知ってる単語はあるでしょう。それだけでも英語以外で話されるよりは安心度がぐっと高まります。

街がそれなりに栄えている

入国時から気付くのではないかと思いますが、ニュージーランドは街がとても穏やかです。

そして主要都市であっても、都会すぎず田舎すぎず、ツーリストにとって居心地のいい環境だと思います。

物価は高めですが、レストランやカフェも多く不便を感じることはありません。街が清潔に保たれているところも過ごしやすさのひとつでしょう。

交通がややこしくない

ニュージーランドの主な交通はバスになると思います。そして少し街を離れると、そこから先は信号がありません。

そのため交通が入り組んでおらず、乗り物が苦手な人でも利用しやすいと思います。

運転が可能であればレンタカーを借りて移動する手段もアリなので、その際は国際免許を忘れずに取得しておきましょう。

ニュージーランドにいる人の様子

日本人が多い

ニュージーランドは意外と日本人が多いです。

そのためコンビニの店員さんが片言の日本語を話してくれたり、ホテルに日本人スタッフがいるところもあるようです。

日本人が経営しているレストランも、わりとかんたんに見つけられると思います。

だからといって日本人だらけでもないので、異国を感じながら程良い安心感が得られるのではないでしょうか。

人々が親切で好感触

人々はとてもフレンドリーで、とにかく安心して過ごせる雰囲気です。

出国の際にも「ニュージーランドはどうだった?」など審査官が話をしてくるので、それによって長い列ができると聞いたこともあります。

だけど実はどの国の人もフレンドリーであり、その質が違うだけだと思いますが、私が感じるニュージーランド人は穏やかで大らかな印象でした。

きっと現地の人に話すときには、ホッとできる場面が多いと思います。

自然が美しく体験しやすい

雄大な自然が広がるニュージーランドはアクティビティも豊富です。

氷河を見ながらトレッキングしたり、美しい景色の中でバンジージャンプにチャレンジするのは、ほかではできない体験でしょう。

だけど、特にお金をかけてハードなことをしたくない場合は、散歩だけでもじゅうぶんに楽しめます。

バスでの移動中も景色が素晴らしいので、場所によってはちょっとお得な旅になるかもしれません。


ニュージーランド南島のおすすめ観光

私は南島しか旅したことがないので北島との比較ができませんが、南島に関していうのであれば、素晴らしい!のひと言です。

中でもおすすめの3つのスポットをご紹介します。

のんびり過ごせるクイーンズタウン

南島の第二の玄関口であるクイーンズタウンは、大きな湖と山々に囲まれた美しい街です。

山々や湖を照らす光はまるで絵に描いたようで、湖畔では人々のくつろぐ姿が見られます。

周辺の山へ散歩に出かけたり、町でのんびり過ごすことのできるエリアなので、長期滞在にも適していると思います。

【クイーンズタウン関連記事】
ニュージーランド一人旅!雨のクイーンズタウン観光とワカティプ湖畔の見所・おすすめの過ごし方

迫力の氷河が見れるマウントクック

南島の背骨といわれる南アルプス山脈は3000m級の山々が立ち並び、その多くが氷河で覆われているという大自然のスポットです。

ハイキングコースはきれいに整備され、比較的道がフラットでもあるので、どなたでも気軽に楽しむことができます。

それでいて景色はとても迫力があり、厳しく美しい自然の姿を感じることができるでしょう。

【マウントクック関連記事】
ニュージーランド一人旅!マウントクックのおすすめコースと個人ハイキングの服装と行き方

星空が美しいテカポ

まるで絵本の中に迷い込んだかのような、穏やかで美しい景色が広がる田舎町です。

ミルキーブルーの大きな湖に佇む小さな教会は、素朴さと独自の個性が組み合わさった、南島を代表するおすすめスポットとなっています。

そして夜空はきれいに輝き、南半球でしか見れない天体が望める星空ツアーも開催しています。

テカポでは天の川がくっきりと見え、私が今まで出会った夜空の中で、ベスト3に入る見事な輝きでした。

【テカポ関連記事】
ニュージーランド一人旅!テカポへの行き方と日本語解説付きの星空ツアー


ニュージーランド一人旅を体験して

ニュージーランドは、旅して本当に良かったと感じる素晴らしい国でした。

今はまだまだいろんな世界を見たいと思っていますが、もしも旅を終えるときには、最後にもう一度ニュージーランド訪れるかもしれません。

何がいいかというのは、言葉よりも感じることが一番だと思います。

ニュージーランド豊かな自然と穏やかな空気を、まずは存分に味わってみてください。

【ニュージーランド関連記事】

ニュージーランド一人旅!雨のクイーンズタウン観光とワカティプ湖畔の見所・おすすめの過ごし方

ニュージーランド一人旅!マウントクックのおすすめコースと個人ハイキングの服装と行き方

ニュージーランド・テカポへの行き方と日本語解説付きの星空ツアー


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。