フィンランド一人旅!サンタクロース村から手紙が届くロヴァニエミの行き方と観光

フィンランド北部。ラップランドの入り口にある街ロヴァニエミ。

街は小さいながらも栄えていて、それでいて決して都会すぎることはありません。

地図を持って歩いていると、人々が向こうから声をかけてくれる平和で親しみのある街です。

ロヴァニエミはサンタクロースの故郷として知られていて、市内から少し離れたサンタクロース村では本物のサンタに会うことができます。

子供の頃に夢見たサンタクロースのイメージは、大人になってからもきっと消えずに残っていることでしょう。

だから訪れた人はみんな遠い記憶に触れながら、懐かしい時間を思い出しているのかもしれません。

そんなロヴァニエミの街とサンタクロース村までの行き方、そして現地での楽しみ方をお伝えします。


スポンサーリンク

ロヴァニエミの行き方

ヘルシンキから飛行機でロヴァニエミ

できるだけ早く到着したい場合は、ヘルシンキから飛行機でロヴァニエミへ向かうのが最も早い行き方です。

料金は片道3万円前後で、所要時間は約1時間20分。

ロヴァニエミ空港から市内へ行くにはタクシーかエアポートバスを利用します。エアポートバスはひとり7ユーロから(約910円)で、所要時間は約20分。

エアポートバスの到着はロヴァニエミの主要ホテル前となりますが、それ以外の場所に停車してくれることもあるそうです。

まずはドライバーに行き先を告げ、降りる場所を確認してください。

ヘルシンキから列車(サンタクロースエクスプレス)

移動そのものを楽しみたい場合は、ヘルシンキから寝台列車に乗るのがおすすめです。

料金は座席のみ、シャワーなしの部屋(共同シャワーあり)、シャワー付の部屋によって分かれていて、13500円から27100円まで。所要時間は12時間です。

一日2本の列車が運行されていて、日本からのオンライン予約も可能です。室内は狭いですがベッドはきれいで、電源もあるので意外と快適です。

ヨーロッパ鉄道チケットセンターHP

サーリセルカからバスでロヴァニエミ

サーリセルカからロヴァニエミへ行く場合は路線バスを利用します。出発はサンタズホテル・トゥントゥリ前。所要時間は約4時間です。

料金と所要時間は出発時刻によって違いがあるようなので、以下のサイトからご自分のプランに合わせた時刻で調べてみてください。

From の欄に「Saariselka」、Toの欄に「Rovaniemi」と入力し、利用日時を選択すれば表示されます。(一番上の「EN」をクリックすればフィン語から英語に変わります)

MATKAHUOLTO


ロヴァニエミの街を観光

けっこう都会なロヴァニエミ

北緯66度のロヴァニエミ。北極圏とされるエリアの境目付近に位置します。

端から端まで徒歩でじゅうぶんなくらいの規模ではありますが、北の果てというにはちょっとイメージが遠い、小さいながらも意外と栄えている街です。

大きなスーパーマーケットが一件あり、そこで必要なものはほとんど調達できると思います。

そのほかにもレストランやカフェやバーなど飲食店はたくさんあり、滞在していて不便に感じることはまずなさそうです。

ロヴァニエミはサンタクロースの生まれ故郷

サンタクロースの故郷とされているロヴァニエミの街は、クリスマスグッズで溢れています。

どこを見ても可愛らしいものばかりなので、お土産選びは目移りしてしまうかもしれません。

よりクリスマス気分を味わいたい場合は、ロヴァニエミの郊外にあるサンタクロース村を訪れるといいでしょう。

そこはサンタクロースの自宅を訪問できる人気のテーマパークとなっています。


サンタクロース村に行ってみよう

市内からサンタクロース村への行き方

ロヴァニエミ市内からサンタクロース村へ行くには、ソコスホテル前から路線バス(8番)を利用します。

所要時間は約30分で、1時間に1本くらいの頻度で運行されています。

場所:Original Sokos Hotel Vaakuna ソコスホテル
住所:Koskikatu 4, 96200 Rovaniemi, フィンランド
電話:+358 20 1234695

料金はドライバーに直接支払い、再び市内に戻る場合は往復チケットを購入することもできます。

乗車の際にドライバーに、「リターンチケット」と尋ねてみてください。

ロヴァニエミ空港から直行も可能

ロヴァニエミ空港からサンタクロース村は、市内から向かうよりも近い距離にあるため、空港到着したその足でサンタクロース村に行き、夜から市内へ移動するプランも可能です。

空港からはバス移動ができるので、乗り場はインフォメーションにて確認してください。

季節によって営業時間が変わる

6月〜8月は09:00 ~18:00、12月は09:00 ~19:00、それ以外の時期は10:00 ~17:00です。

混雑具合にもよりますが、サンタクロース村は3時間もあればじゅうぶんに楽しめると思います。そのため急ぎの場合は、午前だけ立ち寄るなども可能です。

荷物はブティックで預かってもらえるかも?

ホテルに荷物を置いたまま来館できれば問題ありませんが、移動ついでに立ち寄る場合に荷物を持ったままではちょっと不便です。

見渡したところサンタクロース村には荷物預かり所はなく、駅のコインロッカーに置いてから来る方も多いようです。

私は館内のブティックで有料で預かってもらえましたが、そのような情報をあまり耳にしないので、常にこのサービスが行われているかは不明です。どちらにしても正式な預かり所ではありません。

できるだけどこかに置いてくる方が無難ですが、どうしても持ち込まなければいけない状況であれば、インフォメーションか入り口付近のショップで尋ねてみるといいでしょう。

確実なことは言えませんが、この街の人たちはわりと融通を利かせてくれる印象です。


サンタクロース村で楽しめること

北極線をまたぐことができる

サンタクロース村には北緯66度33分の北極線が走っていて、記念すべき北極圏到達の一歩を、このサンタクロース村で体験することができます。

北極線は建物の入り口付近の床に描かれていて、来場者は必ずここで記念撮影をしていきます。

希望であれば日本語表記の証明書も発行してもらえるので、ラップランドの良い思い出になるのではないでしょうか。

豊富なギフトショップ

北極線をまたいだ向こう側はショッピングモールになっています。

サンタクロース村はギフトショップが豊富で、衣類や雑貨やカード類などたくさんのものが売られています。

子供のころ、自分で用意した普通サイズの靴下では、プレゼントが入らないと心配になったことがありますが、ここにある大きな靴下であれば大抵のものは入りそうです。

ギフトショップは見ているだけでも楽しめる、夢のある空間です。

サンタクロースに会える

サンタクロース村のメインといえば、サンタクロースの家に遊びにいけるということです。

ギフトショップが並ぶ建物から外へ出ると、そこは広場になっていて、大きな雪だるまが見える場所がサンタクロースの家の入り口です。

中へ入ると遊園地のアトラクションのようになっています。そして暗い通路を奥へ進むと、サンタクロースの部屋にたどり着きます。

手前のテーブルにすべての荷物を置いて、1組ずつサンタのイスに座りますが、ここではマイカメラの撮影は禁止です。

代わりに撮影サービスを行っていて、希望であれば部屋を出たあと購入することができます。

クリスマスの夜に世界各国を訪問するサンタクロースは、語学がとても堪能です。

「日本のどこ出身?元々横浜の人?」とローカルネタでも始まりそうな口調で話し、時にはオヤジギャグを交えることもあるそうで「次のクリスマスに遊びに行くから、それまでいい子にしててね」と約束してくれます。

サンタクロース村のカフェでくつろぐ

サンタクロース村にはカフェやレストランがいくつかあります。

小さな小屋の扉を開けると中は木の温もりを感じるカフェになっていて、コーヒーを注文すると、火のそばに置いてあるヤカンから注いでくれました。

小屋の中の素朴な雰囲気は心地がよく、外の寒さが逆に暖かく感じるようなリラックスタイムを過ごせます。

レストランでいただくコーヒーもいいですが、村の小さなカフェで一息入れるのもオススメです。


サンタクロース村から手紙が届く

サンタクロース村では、クリスマスにご自宅までエアメールが届くサービスを行っています。

館内にあるポストに投函すると、サンタクロース村限定の特別な消印が押され、記入した住所まで届けられます。

郵便局には2つのポストが用意されていて、黄色いポストは来館した日の消印が押され、季節を問わずいつでも届けてもらえます。

もうひとつの赤いポストはクリスマス時期に届くポストとなっているので、どちらか好きな方を選びましょう。

サンタクロース郵便局には、レターセットやハガキなどの必要なものが用意されているので、お気に入りのカードを購入して、家族や大切な人へのギフトにしてもいいですね。

このようにひと手間かけた贈り物は、もらうととても嬉しいものです。ご自分の旅の記念にもなるので、ポストオフィスを是非覗いてみてはいかがでしょうか。


おまけ・夜のロヴァニエミ駅

ロヴァニエミの街の雰囲気はとても良く、サンタクロース村の訪問も楽しいですが、ここで私が一番気に入ったのはロヴァニエミ駅でした。

ロヴァニエミ駅から寝台列車に乗ってヘルシンキへ行くために、夕方から駅の構内でしばらく時間をつぶしましたが、辺りにはこれといって何もなく、雪のかぶった夜の駅は、街の雰囲気とはまた違う独特の空気が漂っていました。

移動時間はかかりますが、このような体験そのものが、旅を深く面白くさせてくれる気がします。

なのでもし時間が許すのであれば、ヘルシンキ〜ロヴァニエミ間の移動に、ぜひ寝台列車の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【フィンランド関連記事】

フィンランド・ヘルシンキの一人旅にもおすすめの寺院巡りと観光スポット、雪の大聖堂が美しい!

フィンランド・サーリセルカへの行き方、服装、滞在中の天気、ここは手軽にオーロラ観測ができる町!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。