プラハの観光名所とビアレストラン!チェコ旅行におすすめの世界遺産の街と穴場スポット

チェコの中心であるプラハは芸術の街です。

数々の歴史的建造物が立ち並び、病院やアパートメントなどノーマルな建物でさえも、重圧感のある雰囲気をかもし出しています。

人気のスポットからマニアックなものまで、見て回れる場所はたくさんありますが、その中で私がおすすめする観光スポットをまとめました。

滞在期間が短く探索する時間がない方でも、これらの場所をおさえておくと、プラハを楽しめると思います。

【チェコ旅行の基本情報】
チェコ旅行情報!予算・治安・物価・交通・プラハだけではない観光のおすすめ


スポンサーリンク

プラハ城の観光

プラハ城は世界一大きなお城

プラハ観光の代表ともいえるプラハ城は、世界一の規模を持つお城です。

だけど、ひとつの建物を差して「城」と言っているのではなく、敷地内にあるいくつかの建物をまとめて「プラハ城」と呼んでいます。

見応えはじゅうぶんにあるので、物足りない気持ちにはならないと思います。カフェやレストランで休憩しながら、ゆっくり楽しむのもいいのではないでしょうか。

プラハ城への行き方

プラハ城への行き方は地下鉄Aラインの「Malostranská」または「hradčanská」という駅で降り、そこから10分ほど歩きます。

「Malostranská」はプラハ城へ続く階段の近くなので、最も利用しやすいのではないかと思います。

プラハ城の入口は数ヶ所あり、できるだけ近くまで行きたい場合は22番のトラムに乗車し「Pražský hrad」で下車します。

プラハ城の入場料

プラハ城はチケットの種類が何通りかあり、それによって料金が違います。

すべてを見て回るとしたらけっこうな時間がかかるので、持ち時間と予算の都合で適したものを選びましょう。

代表的なのは以下の2つで、Aコースは入場できる箇所がもっとも多いフルコースとなります。

プラハ城Aコース:350コルナ(約1730円)
プラハ城Bコース:250コルナ(約1230円)

私はBを選びましたが、ボリューム的には充実しているのでまったく問題ありません。所要時間の目安は3~5時間くらいみておくといいでしょう。

インフォメーションには日本語の説明書きがあるので、そこで内容を確認してみてください。

プラハ城の公式ページ

実は無料で観光できるプラハ城

チケットがあるないに関わらず、まずは金属探知機で持ち物とボディーチェックが行われ、問題なければ門の中へ入ります。

そしてプラハ城の内部を見るにはチケットが必要ですが、実は敷地内は無料でも観光することも可能です。

高台から見渡す街並みや、建物を眺めるのはもちろん無料で、そのほか一部内部を覗けるところもあるようです。

そのため「すでに観光が済んでいるけどもう一度行きたい」という方は、無料エリアのみを訪問するのもいいのではないでしょうか。

そしてできるだけお金をかけたくない方も、とりあえず現地に行ってみるといいでしょう。

聖ヴィート大聖堂

プラハ城の敷地内にある聖ヴィート大聖堂。チェコ最大の教会であり最もおすすめなスポットです。

雰囲気のある外観もステキですが内部もとても素晴らしく、ステンドグラスや彫刻など、どれを取っても美しい!のひと言です。

チェコには教会がたくさんあり、どこも美しいのは間違いありませんが、その中でも聖ヴィート大聖堂は広く見応えのある教会です。


制限エリアである入口から見た教会の様子

ちなみにプラハ城のメインともいえる聖ヴィート大聖堂は、無料で中に入ることができます。

教会の奥にはチケットがないと行くことができませんが、入口から全体を見渡す景色もとても美しいので、ここは必ず行って欲しい場所だと思います。

小金小路

カラフルで可愛らしい建物が並ぶ小金小路。その昔、ここに錬金術師が住んでいたことからこの名前が付けられたようです。

そのほかお城に関わっていた人達の住居となっていたため、当時の生活がイメージできるものや、部屋の装飾などを見ることができます。

新しく作りかえられているため、当時のままの姿ではありませんが、観光して歩くには楽しいエリアだと思います。

プラハ城からの景色

街からプラハ城を見るのはもちろんステキですが、プラハ城から街を眺める景色も格別です。

オレンジ色をした屋根に大きな川、そして遠くに教会などが見え、まるで絵に描いたようなヨーロッパの風景が広がっています。

ここはプラハ城へ向かう階段の上となりますが、その階段もとても雰囲気があるので、プラハ城は内側も外側もおすすめの観光スポットということです。


プラハのおすすめ観光スポット

カレル橋

モルダウ川にかかる、約30体の石像が並ぶカレル橋は、数百年の歴史を持つ古く美しい橋です。

川にはたくさんの白鳥がいて、行き交う船や背景に見える建物などが、プラハの街の風景を映し出しています。

カレル橋に限りませんが、日曜日にはたくさんの人で混雑するので、記念撮影を楽しみたい場合は平日の方がいいかもしれません。

さらに夜景も美しいので、橋の上を歩くだけではなく、ぜひ遠くからも眺めて欲しい、プラハを代表する景色のひとつです。

旧市街広場

かつてプラハの中心として栄えた旧市街広場。

ヨーロッパには街の中心に広場があることが多いですが、ここは歴史的建造物に囲まれた美しい広場といえるでしょう。

長い歴史の中では様々なことが行われ、政治やイベントだけでなく、この場で処刑も執行されたことがあるようです。

古い時代の処刑は首を切り落としていたと思うので、イメージしただけでもゾッとしますね。

旧市街広場で有名なのは、600年以上もの歴史を持つ天文時計です。現在も変わらず動き続けており、時間ごとにからくり人形が時を知らせてくれています。

ジャストの時間が近づくとたくさんの人が時計の前に集まり、人形の動きを見ようと待っています。

ですが、からくり人形による時の知らせはあまりにもシンプルで、期待外れに感じる人もいるようです。

私の感想としてはシンプルすぎて笑ってしまいましたが、600年の歴史あるものと考えれば、豪華でないのは無理もありません。

なのでどちらかというと、その素朴さが可愛らしく思えました。天文時計は広場に行けばすぐに見つかるので、ぜひ探してみてください。

聖ペテロ聖パウロ教会

丘の上にそびえる聖ペテロ聖パウロ教会。

教会の周囲は遊歩道があり、あらゆる角度からプラハの街を一望できる、見晴らしのいい場所です。

ここは人々の憩いの場となっていて、穏やかな雰囲気が漂っています。さらに夜景も美しいので、のんびりと散歩するにはいい場所ではないでしょうか。

教会周辺の墓地には、音楽家のドヴォルザークやスメタナ、グラフィックデザイナーのミュシャなど、チェコを代表する偉人たちが眠っているそうです。

ヨーロッパの墓地は観光として楽しめてしまう美しさがあるので、芸術の国であるチェコを、ちょっと違った形で感じられるかもしれません。

ミュシャ美術館

私はあまり詳しくありませんが、そのチェコを代表するアーティストであるミュシャの美術館がプラハにあり、多くのツーリストが訪れているようです。

プラハ本駅から近くなので、お好きな方は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。通り沿いにミュシャの絵が貼られているので、前を歩けばすぐにわかります。

プラハの美しい夜景

プラハ観光で個人的にとても気に入っているのが夜景です。

きらびやかというよりは趣きのある雰囲気で、美しいという表現がぴったりな夜の景色が広がっています。

ライトアップされている建物や、川にかかる橋そのものだけでなく、周辺にいる白鳥たちも美しさの演出をしてくれています。

これまでにも多くの芸術家がこの景色に魅了されてきたと思いますが、ここには言葉で表すことのできない、独自の空気が流れている気がします。


プラハでおすすめのビアホール

U ZlatéhoTygra (ウ・ズラテーホ・ティグラ)

住所:Husova 17 110 00 Praha 1 Česká republika Staré město
電話:+420 222 221 111
時間:15:00~23:00

ゴールデンタイガー

ビールの国であるチェコ。スーパーマーケットではミネラルウォーターよりビールの方が安く売られていると聞くことがありますが、それは実話です。

レストランでも美味しいビールが格安で飲め、中でもおすすめなのがプラハにあるゴールデンタイガーという老舗のビアホールです。

いつも満席なため空いたところに次々とお客さんを詰め込んでいきますが、いろんな国の人たちが訪れるので、旅人同士の会話を楽しむことができます。

私が伺ったときはスイス人の男性にフィンランド人のご夫婦、ドバイのカップルや東欧の若者たちなど、様々な国の人と会話しました。

どの方も話しかけると感じよく応えてくれますが、交流目的のバーではないため、自分だけで楽しみたい方はもちろんそれも問題ありません。

座っていると勝手にビールがジョッキで置かれ、無くなると注文をしなくても自動的に追加されていきます。なので飲みすぎ注意ですね(笑)

基本的にはビールのお店なのですが、ほかのメニューもあるので、ビールばかりたくさん飲めないという方でも大丈夫だと思います。

フードメニューも用意されており、面白かったのはユッケのような生肉でした。

トーストの表面に生のガーリックをこすり付け、その上に肉を乗せていただきます。

チェコで生肉を食べれるとは予想外でしたが、ビールによく合う病みつきになりそうな一品でした。


プラハの自然保護公園

あまり知られていないようですが、プラハには歴史的建造物だけでなく、自然を楽しめるエリアも存在しています。

ここはプラハの自然保護公園となっていて、いくつもの道が丘の上へと続いています。

道は整備されているので歩きやすく、ハイキング、ランニング、サイクリングなどを楽しむ人の姿が見られます。

おすすめの場所は岩に囲まれた湖で、本当にここはプラハかと思うくらいの、自然のクリアな空気を味わえます。

それほど大きな湖ではありませんが、水面に映る景色がとてもきれいなので、ベンチに座って眺めるだけでも静かな森を楽しめます。

行き方はプラハ本駅から電車で出発した場合、「Smíchov (スミーホフ)」で乗り換え、「Praha Hlubočepy (プラハフルボチェピ)」という駅で下車します。

所要時間は乗り継ぎのタイミングにもよりますが、だいたい20分くらいだと思います。

Prokopské údolí (Prokop valley)


プラハを訪れた感想

最初にプラハを訪れたときは、雪のかぶる街並みを見て、なんて美しいんだろうと感動しました。

それは観光スポットだけではなく、トラムが走る様子や人々が行き交う風景も同じで、どちらかというとそちらの景色に惹かれたかもしれません。

それからプラハは数回訪れましたが、個人的な好みをいうと冬景色の方がおすすめです。

芸術の街プラハを是非楽しんでください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。